コラボ企画

山下工芸では、様々な業種とのコラボ商品やコラボ企画を積極的に行ってまいりました。お互いの長所を掛け合わすことで、究極のイノベーションにつながると確信しております。
実績を一部ではございますが紹介いたします。
コラボ企画のご相談・問い合わせを承っておりますので、営業担当、またはお問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。

商品コラボのご紹介

山下工芸×竹製品・木製品

山下工芸では、竹・木製品を中心に、常に天然素材と向き合い生活スタイルにあった商品の開発に努めてまいりました。
記念品やノベルティ商品など、多数のオリジナル商品をご提供しております。
「◯◯周年記念行事の記念品に」「学校オリジナルの文房具が欲しい」などご希望をご相談いただければ、商品知識豊富なスタッフが、最適な商品をご提案させていただきます。
まずは、お気軽にご相談ください。

工芸産地とのコラボ

山下工芸×工芸産地

山下工芸では、工芸産地・メーカー交流訪問を進めております。そうする中で工芸産地の理解を深め、課題を共有し、工芸品全体の発展につなげたいと考えております。
気になる産地や工芸品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

小石原焼小鹿田焼山葡萄

ディーラー経由OEM企画

山下工芸では、別注・OEM企画も積極的に行っております。継続してOEM企画をご提供している例も多くございます。
専属のスタッフが担当し、お打ち合わせから納品まで責任をもって進めます。

無印良品KEYUCA栗原はるみ ゆとりの空間アクタス

メディアコラボ企画

山下工芸では、弊社だけではなく大分別府や工芸品の産業発展にご協力できればと、メディア掲載にも積極的に対応いたします。
メディア掲載に連動した催事での販売や、オンラインショップでの限定販売など実績も豊富です。
撮影用商品やロケ地のご紹介なども承ります。

→ 2017.04.28 配信 ANA STORE TOPICS 【日本の伝統工芸 Vol.2】伝統と革新 大分の竹工芸は進化し続ける
           で弊社と大分の竹工芸を取りあげていただきました 。

→ 2017.04.02 号 mono・マガジン 新商品紹介ページに、弊社の「山葡萄×レザーバッグ」が掲載されました。

ANA 全日空mono・マガジンTHE WONDER OF KYUSHU

メディアコラボ企画

山下工芸では、別注にも柔軟に対応いたします。
担当スタッフがヒアリングを充分に行い、国内外のパートナーと連携しお客様のニーズにお応えいたします。

サントリー鳴海製陶Franc franc

新規販路開拓

山下工芸では、eコマースをはじめとする新規販路の開拓にも注力しております。
日本国内だけにとどまらず、海外スタッフと共にグローバルな視点で販路開拓を継続してまいります。

Amazontaobao

ショップコラボ企画

山下工芸では、実店舗をお持ちのお客様との商品開発やイベント参加も行っております。
オリジナル商品やノベルティ商品のご提案もできますので、お気軽にご相談ください。

Laputa

新規チャネル開拓

山下工芸では、社会構造や消費者のライフスタイル変化を常にキャッチして、新規チャネルの開拓を続けております。
近年では、インテリアや雑貨、洋服など”暮らし”にまつわる商品をセレクトして取り揃えるライフスタイルショップでの販売数が増えております。

UCCmadu私の部屋リビング

福祉施設との協業

ソーシャルビジネス(SB)とは現在問題視されている様々な社会的課題に向き合い、ビジネスを通して解決していこうとする活動の総称です。

→ 2013年03月 山下工芸のソーシャルビジネスの取組が経済産業省のケースブックに掲載されました。
→ 2015年10月 太陽の家創立50週年記念式典にて長年の障害者雇用支援に対し表彰を受けました。
→ 2017年03月 社会的インパクト評価「社会的インパクト評価イニシアチブ」に運営メンバーとして登録されました。

太陽の家社会的インパクト評価イニシアチブ

Page Top

木と竹とECO

なぜ竹はエコ素材といわれているの?

その理由は第一に、竹は生長がとても早いからです。
森林の樹木が成木になるまでに20年を要するのに対し、竹は60日~80日で約15mにまで達します。
また、ひとつの苗から一本しか育たない樹木と違い、竹は地下茎を伸ばし「たけのこ」を出し次々と繁殖していきます。
ですから、森林の樹木を伐採するよりも効率がよく資源の調達が出来るのです。

また、竹はその強い生命力と繁殖力から九州地方を中心に放置竹林が問題となっている地域もあります。
放置された竹林は原生林や人と自然の共存する里山を侵食してゆき、生態系が崩れる原因ともなります。
弊社では放置竹林の竹を使用した商品の開発も進めております。

Page Top

取り組み-放置竹材


Page Top

活動実績

繰り返し使える天然素材製品の企画開発

食品衛生法に適合したガラス溶剤により天然素材商品の耐久性をアップしました。
竹や木から作られた簡易商品の使い捨てという概念や耐久性の低さといった天然素材のデメリットをカバーし従来より永くご愛用頂ける商品の開発をしております。
これにより自然素材の無駄な消費をなくし、処理時にかかる環境への負荷や自然林の不必要な伐採を防ぎます。

福祉施設への作業委託

弊社では2006年より製品の検品作業や梱包作業の一部を地域の社会福祉施設に委託し、障がい者の働く機会を支援しております。

環境保全NPO法人との連携

環境保全NPO法人と情報交換を行い、里山における放置竹林の状況など環境問題を認知し企画開発に活かしています。NPO法人「里山を考える会」様のご協力のもと、北九州市環境ミュージアムにて弊社製品を出品しております。

間伐材を利用した製品の販売

森林の適切な管理・保護の為に間引きされ用途の定まっていない木材を使用した商品の企画・販売を行っております。
天然素材の間伐材を利用することで不必要な森林の乱伐を抑制します。
また、間伐材製の使い捨て簡易テーブルウェアを繰り返し使えるように加工を施し、「使い捨て」から「使いきる」という概念へのシフトを推進しております。

 

Page Top

間伐材・竹リサイクルフローチャート

弊社では天然素材を通して循環型のビジネスを展開しています。
このプロジェクトは外食産業様やご家庭で使用済の天然素材商品を回収し炭にすることで、廃棄される膨大な量のごみを少しでも減らせるようにとの思いを込めて企画いたしました。
当社より購入された製品以外の製品に関しましても、炭化作業を承ります。

   
 

Page Top

天然素材の海外物流アシスト

弊社では竹のみならず様々な天然素材を国内のみならず、世界各国から輸入しています。
生産委託先は日本国内で480社以上、海外には中国を中心に5社以上あります。
また、中国には事務所を設け、バイリンガルの常駐スタッフがアジア圏の現地メーカーと打ち合わせ・管理、調整を行っています。
弊社グローバルネットワークと経験を活かして海外物流(製品・素材の輸出入)のご協力ができますので、お気軽にご相談下さい。

   

Page Top